おまとめローン

おまとめローン厳選!

おまとめローンやカードローンの借り換えに最適な案件をご紹介しています。複数のところから個人融資の借金をしていてカードローンを一本化したい、借り換えしたいという方は参考になさってください。

あなたはどっち?メリットとデメリット

 

 

おまとめローンは、複数の金融機関から融資を受けている人にとっては、高い金利の負担や返済の煩雑さから解放される利便性の高いローンです。しかし、誰もがおまとめローンを利用すれば良いのかといえばそうとも言い切れません。おまとめローンにもメリットやデメリットがありますからそちらをまずはしっかりと確認しておきましょう。

 

 

おまとめに人気のローン各種

 

 

おまとめローンのご紹介

最近急激に需要を伸ばしている金融商品の「おまとめローン」は、いまやほとんどの銀行、消費者金融で取り扱っているほど人気を集めています。おまとめローンは複数の借入先からお金を借りている消費者にとって、借金を一本化することで返済額や返済日がハッキリし、返しやすくなるメリットがありますし、貸し手側からしてもより多くの融資を長期間にわたって契約することでより多くの金利を確実に得ることができるメリットがあります。

 

もちろん、複数の借入先から借りている借金を一本化するわけですから、どなたでも審査が通るわけではありません。むしろ、おまとめローンはそれだけハードルが高いともいえます。それにおまとめローンによって更なる借金が生まれ、より酷い事態に陥るケースもないわけではありません。

 

ただし、おまとめローンは金利が低いのが魅力の一つですし、総額の返済額を減少させられる可能性は大いにあります。それに返済期間を延ばすことで月々の負担額が減り、ゴールがより近くなることもおまとめローンのメリットと言えます。

 

このサイトでは既に複数の借入先からお金を借りている方の為のご参考になるよう、おまとめローンのメリット、デメリット、返済方法の種類やおまとめローンに向かない方、債務整理…などの基本的な情報の他、借入先の選び方や申し込から契約までの流れ、審査のチェックポイント、申し込み後の手続き、審査に落ちた時の対応策など、おまとめローンの具体的な借り方についてお話しします。

 

その他多重債務者用おまとめローンやパート、アルバイトでも可能なおまとめローン、女性向けのおまとめローンなど、シーン別にお勧めの借入先をご紹介し、「夫婦別々で借りている借金を一本化できるものか」などこの頃増えている具体例で対応策を考えてみたいと思います。

 

最後に楽天銀行や住信SBIネット銀行、三井住友銀行などの銀行系おまとめローン、アコムやプロミス、アイフルやレディースフタバなど消費者金融系おまとめローンについても最新情報をお伝えしますから、是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

夫婦で収入の合算も可能なケースもある

例えばキャッシングの場合には、専業主婦であっても配偶者の同意を得ることで、夫婦の収入を合算して利用限度額を決めることができるタイプのものがあります。いわゆる配偶者貸付というものです。

 

同様に、おまとめローンの場合でも、夫が仕事などの理由でローンの申し込み手続きができないなどのケースを考慮して、妻が夫婦の所得を基準にしておまとめローンを申し込むことが出来るようになっています。この場合、保証人や連帯債務者として夫も申込まなければならないというケースが多いですが、自分自身で窓口まで出向いたり相談に行く必要がありませんので、これまでよりも簡単におまとめローンを申し込めるようになります。元々妻が借り入れをしていた場合などは特に、夫がローンを組むことが出来ませんので、同じ名義の妻が申し込み手続きをすることができるというのは非常に合理的です。

 

こういった収入合算が可能なおまとめローンというのは一部の商品に限られていますので、金利や借り入れ条件などで比較して、自分が借り入れを検討しているところに対して個別に問い合わせをしてみたり調査してみたほうが良いでしょう。パンフレットなどにかかれていなくても、事情を説明したら利用できるケースもあります。

おまとめローンは返済計画を立てやすくする

おまとめローンは個人向けローンの一種ですが、普通のキャッシングとは少し違います。このローンは、複数の銀行や消費者金融等からお金を借りている人(いわゆる、多重債務者)に対して、それらのローンをまとめて借り換えるお金を貸し付けるものです。資金使途はローン返済資金ということになります。つまり、複数のキャッシングの借り換えが前提であることから、おまとめローンで借りたお金を、借り換え以外の用途に使用することはできません。
別の言い方をすると、おまとめローンを申し込む際に借り入れることができる金額は、その時点での、他社からの借り入れの総額の範囲内で設定されます。

 

ある会社からお金を借りてそのお金を返済できている間はいいのですが、毎月の収入が激減した、あるいは、逆に支出が増えてしまうと、月々の返済に行き詰まってしまうことがあります。これを打破するために、別の会社からお金を借りて返済の足しにするような行動に走っていますと、雪だるま式に借り入れ額が増えてしまいます。また、借り入れ先が複数になることで、返済日の管理が難しくなり、返済計画が狂いがちになります。

 

おまとめローンの最大のメリットは、借り入れ先を一社に絞ることで、その借り入れ先が定める返済日だけを気にしていればよいことから、返済計画を立てやすくなります。

おまとめローン口コミ評判

『急な出費に備えて 安心の銀行おまとめローン』

 

息子が交通事故を起こしてしまいました…。
相手もいる交通事故、しかも息子は飲酒運転…。
息子もしっかりと反省しているようなので、きつくは叱りませんでしたが一番の問題はその費用です。

 

相手への慰謝料、違反金等で結局200万円近くの費用が掛かってしまいます。

 

シングルファザーとして息子を育てている私、息子もアルバイトをしているため、息子と一緒にこの200万円を捻出することに。

 

とはいっても、わたしもこの不況の影響で会社を解雇され、なんとかタクシー運転手として働くことが出来ている程度、とてもこんな大金をすぐには準備できません。

 

そこで、足りない分の100万円を、消費者金融から借りることにしました。
不本意ではありましたが、私の収入だけではこれだけの融資が受けられなかったため、息子にも借金をしてもらうことに。

 

二人で合わせて4社の消費者金融から100万円の借金をし、何とか慰謝料、違反金は払い終えました。

 

大変なのは返済です。消費者金融系のカードローンは融資が簡単な分、金利も高く設定されています。
しかも、息子と合わせて4社の消費者金融から借金をしていたため、実際に返済に行くのも大変でした。
いくらコンビニで返済ができると言っても4社分の手数料を負担するのももったいない話です。

 

どうにかできないものかと、職場の同僚に相談しました。
すると、職場の同僚から、「おまとめローンで借金の一本化をしたらいい」といった助言を受けました。

 

借金の一本化…何かの機会に聞いたことがあります。

 

借金の一本化をするには、法律事務所でするか、銀行のおまとめローンを利用するかが選べるようです。

 

法律事務所にはちょっと…という思いがあり、銀行のおまとめローンを選ぶことに。
息子と一緒に銀行に行き、事情を隠さずに話しました。

 

そういうことなら、とういことで銀行員の方がいまから借金の借り換えの審査をすると言って必要書類の準備を頼まれました。

 

後日、必要書類を持っていき、審査を受けることに。
これが受けられれば、金利も安くなりますし、返済窓口も一本化されるためとても便利になります。

 

審査は何とか通過できました。
その後は、息子と一緒に残りの金額の返済をしています。
金利も安くなったため、少し精神的にも楽になりました。

 

本当に便利なサービスだと思います。
もし、あなたも複数の消費者金融から融資を受けているなら、この借金の借り換えは本当にオススメです。

 

 

権威ある職場に入社したサラリーマンのカードローン話

 

 

友人の息子さんは、とんとん拍子に就職が決まりました。
その企業は、仕事の仲介業をおもな業務にしています。

 

息子さんは、中堅どころの大学でしたが、明るく快活で面接では複数の企業からお呼びがかかるほどでした。その中で、彼は、人材関連のその企業を選んだのです。

 

ヘッドハンティングが行われる時には、率先して営業のメンバーとして活躍します。
営業部門には、元大企業重役のアドバイザーが控えています。
企業や政治家とも交流のあるアドバイザーに気にいられた彼は、秘書のように、さまざまな席に出るようになりました。
公式・非公式で接する人々の前では、自分の洋服・靴・かばん・時計などすべての持ち物が、気にかかるようになりました。
お給料は高くはないけれど、身につけるものには注意を払うようになりました。

 

それで、どうしてもカードローンが必要になりました。
勤務しているところが、かたい所ですから、審査はすぐに通ります。
彼は、まず、スーツを新調しました。
アドバイザーの方に紹介いただいた、一流のテーラーでつくったのです。
それはそれは、高い買い物でした。

 

さて、スーツを一流のものにすると、今まで使っていた時計が、みすぼらしく見えました。
それで、今までの時計をはずして、限度額いっぱいのお金で買える時計を買いました。
どこで、だれと会っても、これだけの時計をしていれば、ひけめを感じることはありません。

 

ところが、アドバイザーの方に、ある時こういわれたのです。
「なんといっても、靴だよ、靴。営業するのに靴がよくなきゃなあ」
それで、彼は、高級な靴を買うことになりました。
それも、一足では足りないというので、何足かの靴を買わざるを得なくなったのです。
そうなると、お金が足りません。
二枚目のカードローンをつくることになりました。

 

たしかに、靴がちがうと、それまでと全然違う感じがしました。
たとえば、料亭やレストランにお伴で付いていっても、何も臆せず、ステイタスのある方々とお話しできました。
彼は、自分自身も、一流の方々の仲間入りをしたような錯覚に陥っていったのです。

 

だから、次にパックや財布といったものでブランド物を買う時には、ちゅうちょなく、三枚目のカードローンに申し込みました。

 

そうしたある日、彼はなにげなく通帳の記帳をしておどろきました。
想定をはるかに上回る金利が引かれていたからです。
あわてました。
彼は、その夜、ネットで検索しました。
そして、複数のカードローンを一本化するカードローンの情報を得ました。
行動の早い彼は、それからあっという間に、複数のカードローンを一本化するカードローンをつくりました。

 

その結果、知らぬ間に引かれていた複数のカードローンの金利は安くなりました。
しかも、一本化したカードでも、カードローンができるのですから、彼にとっては、理想的です。
これからも何かと入用になる折に、一本化したカードローンは、彼の強い味方となるでしょう。

 

 

 

カードローンを一本化して普通に生活に戻れました。

 

30代の会社員ですが友人に誘われて南米旅行をする際にカードローンを初めて利用しました。
カードローンで旅行資金を借りたことで楽しく有意義なツアーができて、南米という別の世界を垣間見た事で人生観も前向きになり将来に夢も持てるようになりました。

 

しかも、カードローンで借金をすることに初めは抵抗感が合ったのですが、思いのほか簡単な手続きで借りることができたので気が楽になりました。

 

この旅行の体験が引き金になってインド、マレーシアなどの東南アジアや韓国旅行もするようになり異なる国の風俗習慣にふれて人生を謳歌していました。

 

旅行する都度に各種のカードローンを利用してきたのですが、次第に債務が膨らんできて各債務の残高さえも判らなくなりました。

 

それぞれのカードローンの返済日もまちまちで元利金の返済も異なるので資金繰りが難しくなり頭を痛めておりました。

 

更に、借入総額が増えるに従って金利などの条件も厳しいものになってきていました。

 

厳しくなってきていた資金繰りに頭を痛めて困っておりましたので、初めにカードローンについて教えてもらった有人に相談したところ「カードローンの一本化」という方法があることを知りました。

 

銀行系のカードローンが総量規制{年収の三分の一まで}の対象外でもありますし、金利の面でも有利だと聞いて、早速申込をしたところ審査にも通って実行していただきました。

 

銀行系という事で審査なども厳しく時間もかかり、手続きも煩雑なものと想像しておりましたが、インターネットで申し込めて銀行の窓口に出向く事も無く実行していただけました。
ラッキーな事に、自分の場合は未だ債務超過状態にはなっていなかったので審査が通ってカードを発行されて、直ぐにバラバラに借りていたものを一つにまとめた事で金利も今までよりも低い有利なものになりました。

 

しかも、総量規制を超えても限度額を設定できましたので、限度額の範囲内であれば何時でも急な出費の時に煩雑な手続きも無く借りれるようになり便利になりました。

 

返済も給料日と賞与時に合わせるように計画的に組めましたので、生活に支障は無く本来の平穏な状態に戻れて本当に助かりました。

 

今後も自分にとっての最大の楽しみである海外旅行は続けますが、今回の反省として決して多重債務にならないように、債務超過に苦しむようなことはしないように肝に銘じました。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ