銀行系おまとめローン

おすすめのおまとめローン

おまとめニーズに人気のローン一覧

中央リテールおまとめローン

金利 審査スピード 保証人・担保 事務手数料 極度額最高
年10.95〜13.0% 最短2時間
融資まで最短1日
不要 -- 500万円以下

中央リテールは他社借入が多く合っても融資の可能性があるローン会社になります。
貸金業者(消費者金融)に分類されますが、ここのおまとめローンは"もっぱら利用者の利益になる貸付"にあたりますので、総量規制の対象から外れています。利率はどんなに高くでも13%ですから消費者金融のおまとめにも向いています。

 

 

横浜銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
年1.9%〜14.6% 最短即日 不要 なし 1,000万円

 


 

 

プロミス

 

実質年率 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.5%〜17.8% 来店不要
最短30分
不要 なし 1〜500万円
パート・アルバイト可

 


三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとなります。即日融資(平日14時までにWEB契約完了が必要)や一定条件下での無利息利用(メールアドレスとWeb明細利用登録された方が対象)など、利便性の高さに注目です。女性向けにはプロミスレディースキャッシングもおすすめです。

 

プロミスレディース

 

実質年率 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.5%〜17.8% 来店不要
最短30分
不要 なし 1〜500万円
パート・アルバイト可

 


こちらは女性向けのプロミスになります。女性オペレーターが対応するという意外、スペックはプロミスと同じです。

 

 

銀行系?消費者金融系?おまとめローンについて

おまとめローンは銀行おまとめローン消費者金融系おまとめローンの2種類に大別されます。
かつては三菱東京UFJ銀行や住信SBIネット銀行、楽天銀行など、どの銀行であってもカードローンをおまとめローンの用途で利用できていましたが、現在は昨今の銀行カードローンに対する貸しすぎ批判のため、おまとめ利用は不可となっています。
対して、中央リテールやSMBCモビット、プロミスなどの消費者金融や信販会社が展開しているおまとめローンは貸金業法でもっぱら利用者の利益にしかならないローンということで総量規制からも対象外という扱いになっており、今はそちらの利用を検討する人が急増しています。
おまとめローンは借入限度額が高額になるので、まさに複数の借入先から借りている負債を一本化するのに最適ですし、給料の振込口座のある銀行の場合審査で優遇されやすいのも魅力の一つです。

 

また、銀行おまとめローンは年収によって借入額が制限される貸金業法の規制の対象に含まれませんし、何かとメリットの多い借入先と言えるでしょう。もちろん銀行おまとめローンは安心感、信頼性も抜群で、その点でも多くの借り手に人気を集めています。

 

銀行は審査が厳しく、審査時間も長時間要するのがデメリットというのも一昔前の話で、誰もが気軽に利用できる金融商品です。大きな金額となると審査でも厳しい結果になるかもしれませんが、銀行系だから消費者金融系だからといったことでおまとめローンの利用が左右されることはあまりありません。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ