3社290万借り換え・おまとめローン

3社290万の融資を借り換えで一本化するには?

3社290万円の借金を借り換えでおまとめ一本化するなら

一度ローンを利用すると、かなりの頻度で借金頼りになってしまう場合もあるようです。
最初に借りる前は借金に対する嫌悪感があっても、人は慣れるものなので仕方がないことかもしれません。
そこで、このページでは、

『3社290万あるキャッシングローンを、ぜひとも借り入れ件数を減らして借り入れからくるストレスを減らしたい。』

という場合に3社で290万ある借り入れによる精神的な負担を軽減するのにもってこいの"金利の利率が低い"ローンを掲載しています。
ちなみに、当サイトを経由した申し込みの中で非常に申し込みが多いのは、低金利なカードローンです。

 


東京スター銀行おまとめローン

対象 金利 極度額最高
お申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方
給与所得者で年収200万円以上の方
(正社員・契約社員・派遣社員の方)
年率5.8%〜14.8%
保証料含む
30万円以上1000万円以下
1万円単位


 

金利が低金利と話題なので顧客の評判が急に上向いています。下限利率の低さをポイントとして考えがちですが、かなりの人が知っている金融機関ですし、限度額も可能性として、最高だと800万円〜1000万円となっています。あえて言うならば複数ローンのおまとめ向けだといえます。そして、

審査回答が早い
保証人を立てる必要なく担保も不要
来店不要で手続き可能


という感じで、ローンを検討する人が重要と考えるところもばっちり備わっています。
諸条件については公式サイト掲載の情報をチェックしてみてください。

 

 

借金借り換えやおまとめするときのポイント

カードローンなどの個人の借入を借り換えるケースでは何点かの重要ポイントがあります。

まず、年利ができるだけ軽いところへの借り換えを優先すること。借り換えで件数を減らすことのメインの狙いは利率の平均をとにかく下げることです。これを軽視すると借り換えやおまとめの値打ちが非常に低下するのは避けられないでしょう。現在の自分の利率はいくらなのか、前もって必ずチェックして比較してください。

次に、どの業者に借り換えするかもポイントです。例えば、返済専用のおまとめローンは借り入れをした後は返すのみで追加の借り入れを許してはくれません。一般的なカードローンを利用すれば新たな借入も可能です。これはどっちがいいわけではなく、メリットデメリットがあります。返済オンリーの場合急に現金が入用になっても、新たに借入は不可能です。現金が入用になることが多いから借り入れをしているわけですから、新たな借り入れ不可能なのは厳しいという人もいるでしょう。

借り換え後、再び現金を借りることが絶対にないと確信を持てるなら返済専用のおまとめローンはもってこいです。何度も借り入れに頼ることができない状況に身を置けるからです。しかし、そういうのでは気がかりだというのであれば利息が低いカードローンへの借り換えがおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ