3社280万借り換え・おまとめローン

3社280万の融資を一本化&借り換え

3社280万円の借金を借り換えでおまとめ一本化するなら

一旦お金を借りてしまうとどういうわけか借り入れすることが当たり前になってしまうようです。
最初は拒否感があっても、人は慣れてしまうので致し方ないことかもしれません。
そこで、こちらのページでは、

『3社280万にもなった借り入れを、なんとか借り換えで件数を少なくして借り入れがあることの負担感をなくしたい。』

というケースを想定し、3社で280万ある借り入れによる負担を軽減するのにもってこいの"金利が低い"ローンを掲載しています。
ちなみに、当サイト経由で非常に人気なのは、低金利なカードローンになります。

 


東京スター銀行おまとめローン

対象 金利 極度額最高
お申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方
給与所得者で年収200万円以上の方
(正社員・契約社員・派遣社員の方)
年率5.8%〜14.8%
保証料含む
30万円以上1000万円以下
1万円単位


 

年率が低金利なので顧客の評価がジワリと上向いています。下限金利の低さをポイントとして考えがちですが、結構、名前が知れた金融機関ですし、融資限度額も可能性として、最高だと800万円〜1000万円まであります。確実に複数ローンのおまとめ向けといえるでしょう。また、

審査回答が早い
申し込みの来店不要
保証人を立てる必要なく担保も不要


という感じで、ローンで誰もが重視するところも卒なく備わっています。
諸条件は公式サイトの方で確認をお願いします。

 

 

借金借り換えやおまとめするときの要点

カードローンなどの個人の借金を借り換えるケースでは何点かの注意点があります。

まず、年利ができるだけ軽いところに借り換えること。借り換えで件数を減らすことのメインの目的は利率の平均をとにかく低くすることです。これを軽視すると借り換えや一本化する値打ちが非常に低下することは避けられません。現在の自分の利率はどの程度なのか、前もって必ずチェックして比較しましょう。

次に、どの業者に借り換えするかも重要です。例えば、返済専用のおまとめローンは借り入れた後は返すのみで追加の借り入れは不可能です。一般的なカードローンを利用すれば新たな借り入れもできます。これはどっちがいいわけではなく、良い面悪い面があります。返済オンリーの場合急に現金が必要になっても、新たに借入はできません。現金が入用になることが多いから借り入れをしているということを考慮すると新たな借り入れ不可能なのは厳しいという人もいるかもしれません。

借り換え後、再び現金を借りる必要が絶対にないと確信を持てるなら返済専用のおまとめローンは最適です。何度も借り入れに依存できない状況を作れるからです。しかし、そういうのでは気がかりだという人は利息が低いカードローンへの借り換えがベターです。


ホーム RSS購読 サイトマップ