3社250万借り換え・おまとめローン

3社250万の融資を借り換えで一本化したい

3社250万円の借金を借り換えでおまとめ一本化するなら

一度ローンを利用すると、なぜか借金することに慣れてしまうケースが多々あるそうです。
検討している段階ではアレルギー反応を示しても、環境を受け入れるものなので人によっては一度は経験することなのかもしれません。
そこで今回は、

『3社250万ある借金を、とりあえずでも借り換えにより件数を削減して借り入れがあることの負担感を消してしまいたい。』

といったケースを想定し、3社で250万ある借り入れの精神的な重荷を軽減するのにもってこいの低金利なローンをご紹介していきます。
ちなみに、全国区の銀行カードローンはほぼおまとめ利用不可になってきています。そんな中で、今現在、おすすめしたいのは、おまとめ利用可能なローンになります。

 


中央リテールおまとめローン

◯審査最短2時間
◯融資最短1日
◯他社借入多くても可能性あり
◯利率はどんなに高くても13%

 

やはり金利が低いこともあり、顧客の評価少しずつ上昇中です。年率の低さに注目するのは仕方ありませんが、いくら借りれるかがとても重要です。
このローンは総量規制の対象外に位置づけられており、融資可能額は可能性として、最高で500万円です。まさにおまとめ向けだといえます。更に言うなら、

審査回答がスピーディ
保証人を立てる必要なく担保も不要
来店不要の申し込み手続き


という感じで、ローンとしての外せない重要な部分もかっちりと備わっています。
他の条件は公式サイトでご確認をお願いします。

 

 

借金借り換え、おまとめする時のポイント

カードローンをはじめとした個人向けローンを借り換えるケースではいくつかの注意事項があります。

まず、年利が一番軽いところへの借り換えを優先すること。借り換えで件数を減らすことの最大の目的は利率の平均を可能な限り低くすることです。これを軽視すると借り換え、おまとめのメリットが大変目減りすることは避けられないでしょう。現在の自分に適用されている金利はいくつなのか、前もって必ず確認して比べてみましょう。

次に、どの金融機関に一本化するかもポイントです。例えば、おまとめ系のローンは融資を返済に充てた後は返すのみで新たな借入ができない契約になっています。一般的なカードローンだったら追加の借入も可能です。これはどっちがいいということではなく、メリットデメリットがあります。返済オンリーだと緊急で現金が入用になっても、追加で借り入れはできません。現金が入用になることが多いから借金しているということを考慮すると新たな借り入れできないというのはきつい人もいるでしょう。

借り換え後、再びお金を借り入れすることが絶対にないと断言できるなら返済オンリーであるおまとめローンは打ってつけです。何度も借金に頼ることができない環境に自分を追い込めるからです。しかし、そういうのでは心配だという人は利息が低いカードローンへ借り換えると良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ