3社210万借り換え・おまとめローン

3社210万のローンを借り換えして低金利に挑戦

3社210万円の借金を借り換えでおまとめ一本化するなら

お金を借りてしまうと、かなりの頻度で借り入れ行為が当然になってしまう場合もあるようです。
一番最初は拒否感があっても、人は状況に慣れてしまうので人によっては一度は経験することなのかもしれません。
今回は、

『3社210万ある借り入れを、なんとかして借り換えで件数を少なくして借金からくる重いイメージを退けたい。』

というケースを想定し、3社で210万ある借り入れの負担感を軽減するのにもってこいの低金利なおまとめローンをご紹介します。
ちなみに、全国区の銀行カードローンはほぼおまとめ利用不可になってきています。そんな中で、今現在、おすすめしたいのは、おまとめ利用可能なローンとなっています。

 


中央リテールおまとめローン

◯審査最短2時間
◯融資最短1日
◯他社借入多くても可能性あり
◯利率はどんなに高くても13%

 

金利が低いローンなのでユーザーの評判が一気に上昇中です。下限年率の安さにのみ目が行ってしまいがちですが、重要なのはいくら借りれるかです。
こちらの案件は総量規制の対象外になっており、上限の融資額(限度額)は一番高額なケースで500万円にもなります。確実に借り換え向けだといえます。他には、

審査がスピーディ
来店不要で手続き可能
保証人、担保ともに不要


という感じで、ローン検討中の人がまず重要視する点も言うまでもなく押さえられています。
細かいところは公式サイトでご確認ください。

 

 

借金借り換え、おまとめするときのポイント

カードローンをはじめとした個人の借り入れを借り換える時には何点かの配慮した方が良いことがあります。

まず、実質年率が可能な限り軽いところへの借り換えを優先すること。借り換えによる一本化の主な最終目標は利率の平均を低くすることです。これを軽視すると借り換えする利点が大変低下するのは避けられないでしょう。現在の自分に適用されている金利は何パーセントなのか、事前に絶対にメモしておいて比較してみてください。

次に、どの金融機関に借り換えするかもポイントです。例えば、おまとめ系のローンは借り入れをした後は返すのみで新たな借入ができません。一般的なカードローンなら再借入も可能です。これはどちらが良いとか悪いというわけではなく、メリットデメリットがあります。返済オンリーだと急に現金が入用になった際、さらなる借り入れは無理です。お金が入用になるケースが良くあるので借り入れをしているわけなので、追加で借り入れ不可能というのはつらいという人もいるでしょう。

借り換えした後、度々現金を借り入れることが絶対にないと断言できるなら返済オンリーであるおまとめローンはおすすめです。再び借入に頼ることができない状況に自身を追い込めるからです。しかし、そういうのでは心もとないという場合は年率の低いカードローンへの借り換えが最適です。


ホーム RSS購読 サイトマップ